学歴フィルターは東大・京大・阪大・名大・九大・北大・東北大などの旧帝国大学(旧帝大)ではまずないと言われていますが、
いわゆる地方の国公立大学ではどうなのか?

 

そこで、某教育大学卒業の人からの口コミを紹介します。
教育関係に力を入れている大学だったため、教師を目指す同級生が多い中、一般的な企業への就職活動をしました。

 

どの面接でも「どうして教師を目指さなかったのか」という鉄板の質問は受けました。しかしながら結果的に「でも国立大学だもんね」というプラスの評価を、ほとんどの面接相手から受けたように思います。

 

そこで「学歴フィルター」というのを自分はラッキーな意味で実感しました。

 

また、転職の際にも「国立大卒」というのは目に留まりやすいようで、大学ではどんなことを学んだのか、どうして教師にならなかったのかなど、世間話のひとつであったり、興味を持って聞かれることが多かったです。

 

いずれも、話のネタのような感じでプラスに捉えられました。

 

入社直後は「国公立卒の人が入るから」と言われていたのか、
話のネタにされることは多かったですが、同時に期待もされているようでした。

 

体感的に、学歴フィルターは中小企業でも
大きくっかっているのではないかと思います。

 

もちろん大企業では書類選考や面接の時点で存在するフィルターなのでしょうが、中小企業の面接を受けた際こそ、親戚のおじさんたちに褒められるような感覚で話題にのぼったり、興味を持たれることが多かったからです。

 

国公立に入学し卒業できた時点で、
ある程度真面目だとも思われているようでもありました。

 

偏差値だけを見れば、自分の出身大学よりも偏差値が高い私立大学なんていくらでもあるのに「国公立」というブランドは確かに存在しました。

 

不思議なことに多くの人は、大学名も何に力を入れている学校なのか知らなくても「国公立」と頭につけば「すごいね」と言ってしまうようです。

 

このように国公立大学卒業というだけで、やはり受験科目も私立大学より多いせいか真面目に思われたり、偏差値以上に高い評価を受けることも多いようです。

 

そういう意味で偏差値が同じぐらいの私立大学に行くよりは、
地元(地方)の国公立大に進学して学内である程度の成績を収めていると、超一流の企業でない限りはある程度の有名企業で書類選考の時点で跳ねられるということは少ないようです。